音楽依存症。

no music no life―日々、音楽漬け―

DEVILOCK 20th BIRTH PRESENTS “TWENTIES”

2017112302
今週は日曜日からコレ。
2017112303
(私の)バースデーライブ(参戦する方)でした。
もう、メンバーのバースデーライブが当たらなさすぎて、自分のバースデーに行く方向で。
相応のハコでやってくれ。。。



ま、だからと言って、泣くほど恨まないけどね。
行けたらラッキーくらいに思う方がいいし。
プロデュースとかだったら、結構必死で行きたいって思うかもしれないけど。
でも結局、電子チケになってるから、やり取りめんどくさいんだよなー。
だから、保険もかけたくないし、先行でダメなら「そーお?」って感じで諦めちゃう。
それはそれでどうなのかな。
やっぱり、返品できるようにするのが1番いいんだと思うんだけどなー。
無理とか無理じゃないとか言う議論じゃなくて。



DEVILOCK 20th BIRTH PRESENTS “TWENTIES”@新宿ロフト
ムック
SE.レイブサーカス
01.大嫌い
02.塗り潰すなら臙脂
03.極彩
04.自演奴
05.嘆き鳥と道化人
06.りんご
07.前へ
08.茫然自失
09.絶望
10.MAD YACK
11.蘭鋳


バルザックも楽しかった。
ってか全部楽しかった。
1番最初の若い子たちはM.DCに入るんだって。



ムックのワンマン感すごかった。
レイブサーカスからとか、イベントとか対バンではあんまりないからテンション↑↑↑
こう言う時の「大嫌い」から始まる感じは、昔から好き。
臙脂もすごく好きだから嬉しいし。
何より、ワンマンでずっと歌詞が「試験管ベイビー」だったのが「嘆き鳥と道化人」!!
確かに外向けはそっちだけど!!
ワンマンでもしばらくやってなくて、ずっと嘆き鳥聴きたい!!
って思ってたからめっちゃ嬉しかった。
歌い出し2文字で飛び跳ねた(笑)

りんごしか息つけなくて、もうほとんどタナタナ。
ワンマンと比べて半分の曲数しかやってないのにクタクタだった。
すっぴんに近いメイクでやろうと言ったのに、順番最後でがっつりメイクなみやくん。
白いパーカーで、後頭部からのフォルムが実に可愛い。

ロフトでムックって初めてだったけど。
ここ数ヶ月のハコの規模と同等だったのにギュウパンじゃなかったから暴れやすかった。
案外普通にバースデーライブ行くより楽しめたのかもしれない(笑)




2017112301
ー縁【en】ー
※ジャケ写非公開(hydeデザイン)
昔から主催イベントの名前として使ってた「縁」。
元々いい名前だとは思ってたけど、こういう形に花開くプロジェクトになるとは。
もちろん、そのアーティストの曲を集めてもいいけど。
トリビュートって形なのが素晴らしい。
ツアーはどういう形態でやるかわからないけど、楽しみ。
今のところ、CLASSIC(FLOW)最高。
流星(plastic tree)もいいし、暁闇(シド)、リブラ(矢野殉子)も鳥肌だった。
風と太陽(cali≠gari)の研二郎さんカッコよすぎるし、ガーベラ(sukekiyo)は衝撃的だし(笑)
全部いい。
けんちゃんは笑っちゃう(笑)
昨日久々に見たけど、おじい感がすごかった(笑)
でも、キャラが相変わらずでSakuraと仲よくて懐かしかった。

ムックの楽曲としての20年の集大成は脈拍かもしれないけど、ムックとしての集大成は縁な気がする。
そういうバンドだからこそ、どのイベントにも行けるしどのアーティストにも合わせられる。
それだけだと思ってたけど、むしろ他のアーティストのためにあるんじゃなかろうかってくらい、曲がいろんな色になれる。
そこに我々は少しでも新しい色を添えられればなっていつも思うんだけど。
おかげで本命以外の好きなアーティストが増えて、嬉しいやら辛いやら(笑)
いろんな曲聴きたい知りたい人間からすると、本当にありがたい存在。
もちろん、最終的にしっくりくるのはムックだけど。
ってか、あんない多くの曲をずっとやり続けていけるってのがすごい。
色褪せることもなく、ただただ停滞した防御的なものでなく常に目まぐるしく進化してて。
それはイコールみやくんの進化なんだけど。
他の3人が今後同じように進化したら、もうどうなって行くのかわからないってくらい進化するんだろうなー。





殺シノ調ベのツアーはまた書きます。
バースデーライブだったし、どうしても先に書きたかった!!

0 Comments

Leave a comment