音楽依存症。

no music no life―日々、音楽漬け―

哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー@目黒鹿鳴館 day01

2017081901
渋谷待ち合わせで道玄坂方面。
前言ってた店無くなってた。
一回行ったことのある、HoleHoleCafe&Dinnerへ。
品数が多いのはテンション上がるからな。

2017081902
近くの学生かなんかが、「そこにライブスタジアムがあるから、なんかあるみたいだ」と後ろで言ってました。

ライブスタジアム(°д°)

400人くらいしか入らないですけど(^○^)

哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー@目黒鹿鳴館 day01
01.アカ
02.盲目であるが故の疎外感
03.五月雨
04.花
05.クランケ
06.恋人
07.鎮痛剤
08.夜
09.翼をください
10.イタイ手紙
11.廃
12.あやとり
13.断絶
14.家路
15.背徳の人
16.娼婦
17.ジレンマ
18.大嫌い

EN
2人狂人
01.砂の城
02.オルゴォル
03.NO!?
04.スイミン
05.狂った果実(笑)


初目黒鹿鳴館。
確かに教室みたいな蛍光灯が客電。
ライブハウスっぽくないし、ましてやライブスタジアムでもない(笑)
ライブスタジオと間違えたんかな、もしかして!?
あ、けんちゃんがアイス食べながら入って行ったんだっけね。

この日は本当にギターが良かった!!
こんなもみくちゃなりながらもギター聴いてたっていうのは珍しい。
割とけんちゃんいる時、ギターいい気がするんだよな。
イタイ手紙は元々ギターライン好きだけど、この日のはすごく好きだった。
断絶も一音一音ちゃんと芯も強く聴こえて。
心地よさと芯の強さが同居してて、説得力があった。
みやくんそのものだった。

イタイ手紙 → 廃 → あやとり →断絶 が最高だった。
断絶で初めて泣いたわけよ。
いわゆるそういう曲な訳だけど。
人によっては、過呼吸にすらなってしまうような曲だけど、そういう感情できいたことなくて。
でも、ギターも良かったけど、「さよなら」の時に目が離せなくて。
私は今までの人生で色んなことにちゃんとさよなら出来てたんかなーって泣いてた。

そこまで番号良かったわけでもないけど、狭いハコならではの押しのチカラを分散できなくて流れに身が任されてしまうやつでめっちゃ前にいた。
しかし、5列目くらいの謎の横揺れよ!!
踏ん張れって思った!!
この横揺れのおかげでめっちゃ体力奪われた…


アンコール前で耐えきれずポンジュースもらってきた。
あと、下がった。
そこから見るナースゆっけさんと、さとちのふたり狂人。。。
全てを忘れさせようとする破壊力。。。
線香花火のない砂の城。

(`ë.´ )「今、ゆっけさんが男になってるから待ってね」←ナース服脱いでる

狂った果実(笑)が近づいてくるのが怖くてなwww
あと暑さで何回かオエッって言ってた私(笑)
途中、ポンジュース補給しといて良かった。
ポンジュース持ちながら暴れてた。
青森でも相当汗かいたって思ってたけど、更新した。
出口狭いのとクロークとドリンクの列で会場から出られずクッソ暑い。
預けた荷物出すために並んでるんだけど、壁にもたれられない(ポスターが所狭しで貼られている)し、階段だしでまた体力奪われ。
外に出たら夢烏の抜け殻がゴロゴロ転がってた。
みんなガードレールにもたれかかってた。
とは言え、近隣迷惑になるからと言われるんだが、全然動けなくてね(笑)
HP2くらいしかなかったよ。
水分を補給し、着替えを持ってこなかったこと後悔。
タオルももう、重さが尋常じゃなくて。
もう一枚タオル欲しい。。
全て翌日への教訓となるけど、この状態で翌日もあると思うと嬉しいやらしんどいやら(苦笑)

ツイッターにしばらくセトリがあがらなかったのも頷ける。
全然何やったか覚えてなかった(笑)
それくらいみんな暑さにやられてたし、セトリいつもあげてくれてる人が行ってなかったりもしたのかと思ったけど。
覚えてないっていうのがTLにやたらあがってた(笑)




0 Comments

Leave a comment