音楽依存症。

no music no life―日々、音楽漬け―

THE YELLOW MONKEY SUPER TOUR 2016日本ガイシホール

ムックの日比谷から間3日でめまぐるしくこちらです(笑)
前回の代々木からは1ヶ月半かな。

名古屋も2年ぶり。
仕事明け寝ずにそのまま新宿バスタへ。
利用は初めて。
早速間違えた(笑)
寝てないからか、バスであんまり寝れない私もグッスリ。
気付いたら高速降りてた。
2016063001
空腹甚だしいので矢場とんでみそカツ定食。
前回はヒレ丼だったのでロースにしてみた。
ヒレ丼はヘルシーな分、ロースはジューシーでミソとすごく合ってた。
その後来月のプランを立てて。

さ、いよいよ笠寺にある日本ガイシホール。
2016063002
あいにくの雨で、この日一番の雨脚。

直前まで脳内BGMがムックのハイデで困るし、何でもハイデって空耳するしで本当に別の意味で不安(笑)
中は広すぎず、アリーナ後方にも関わらずよく見える。
ステージ低いかなぁって思ったけど、そうでもなかった。
開始直前まで女子トイレ大行列。
こないだの物販思い出した。

01 プライマル。
02 楽園
03 ROCK STAR
04 Chelsea Girl
05 A HENな飴玉
06 Tactics
07 LOVERS ON BACKSTREET
08 FINE FINE FINE
09 球根
10 カナリア
11 HOTEL宇宙船
12 花吹雪
13 空の青と本当の気持ち
14 ALRIGHT
15 SPARK
16 見てないようで見てる
17 SUCK OF LIFE
18 バラ色の日々
19 悲しきASIAN BOY

アンコール
20 Romantist Taste
21 LOVE LOVE SHOW
22 BRILLIANT WORLD
23 WELCOME TO MY DOGHOUSE
24 JAM


プライマル。がこんなにトップを飾る曲に相応しくなるのか。
BRILLIANT WORLDがこんなに未来を見れる曲に聴えるようになるものなのか。
バラ色の日々がこんなに後悔を感じさせない曲になるのか。
最近は、ライブで好きになることが多かったので、音源とライブでこんなにも印象が変わるのを初めて感じたかな。
復活したことでその後ろに隠れてた本当の意味が浮き彫りになってきたというか。
最初は本当にそんなつもりはなかったのかもしれないけど、曲と現実が追いつけ追い越せで楽しい。
代々木は浮き足立ってたし、動けないくらいその存在感に圧倒されて、もう帰ってこない16年間を後悔してみたり。
そういう感情が少しあったんだけど。
昨日は純粋に楽しくて、純粋に未来を見れて安定感と安心感があって、嬉し泣きが多かった。
こんなに別の曲になるんだなぁ。
好きなことに変わりはないけどヽ(´∀`)ノ

代々木はクオリティ追いつこうとしながらもその場を楽しんでるという感じでした。
昨日はもう、クオリティ以上に楽しむこと、そして音は自ずと追いつき馴染んでた。
今のメンバーにちゃんと合った音になってた。
球根は吉井さんの声の出し方が好きすぎる。

アリーナはあの照明の中にいるっていうだけでどうしてあんなに主観的になれるんだろうね。
そのアーティストをより一層好きになるね。
そして最終的に愛おしくなる(笑)
でもそんなステージでした。
お茶目なおじさまたちを愛でるライブ(笑)
TYMに限らず、それぞれ魅力が違ってそれぞれがそれぞれのステージを持ってる。
これは、ムックの日比谷とTYMの名古屋が近すぎたために実感できたこと。
切り替えるとか切り替えとかじゃなく、反射でちゃんと戻れる。
心配ご無用。
でもできればそんなに近くないほうがいい(笑)


ライブが長丁場すぎて22時前。
笠寺から名古屋まで戻らねばならないのに、23時まで!!
めっちゃ焦った。
まなんとか間に合って、ヌルッとごはんとお土産買って。
バスではこれまたいつも以上に寝れた。
だから今ブログ書いてるんだけど。
ばたばたし過ぎて相方と全くと言っていいほどライブの感想共有してない(笑)

滞在時間9時間の名古屋遠征でした。
次は女王蜂、TYMさいたまの2DAYS!!

0 Comments

Leave a comment