音楽依存症。

no music no life―日々、音楽漬け―

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016

2016051202
こんな日がくるとは思ってませんでした。
TYM、復活。
そしてプラチナチケットとなった復活の瞬間を迎える代々木第一体育館の初日!!
申し訳ないけど、当選の日にちを忘れていたくらいめまぐるしかったんだけど。
1発で初日ゲット。
代わりに長野をお嫁に出しました。
しかしこのチケット取れてヨカッタァ!!!

物販は2時間並んだ。
初日だし、チケット無い人でも並べるからな。
IDチェック先に済ませたんだけど、目印につけてもらえる青い輪っかをつける係のおっさんの手の震えが尋常じゃなかったww
アル中かとww
2016051203
そして溢れ出る孫悟空感www
2時間並んだもんで空腹が恐ろしい。
急いでメンズサイズのパスタかっこんで(笑)
改めて会場へ。
2016051201
ボールペンライトがちゃんと点くことも確認して。
着席したら超見やすい席。
遠いなぁと座席表では思ってたけど、2階席なので角度つくとかえって見にくいからとてもよかった。
個人的にはちょうどステージの方に座ってるおじさんが座って見る派だったのも素晴らしい。
で、隣に来たお姉さんたちが、入場する前にライト確認しなかたみたいで貧弱な光量に凹んでた。
カウントダウン始まっていよいよメンバー出てくる!!
ってなったらお姉さんたちのペンライトがちゃんと点いた!!
空気読んだwww


01,プライマル。
02,楽園
03,LOVE COMMUNICATION
04,Chelsea Girl
05,A HENな飴玉
06,Tactics
07,LOVERS ON BACK STREET
08,薔薇娼婦麗奈
09,球根
10,カナリア
11,HOTEL宇宙船
12,花吹雪
13,空の青と本当の気持ち

14,ALRIGHT
15,SPARK
16,見てないようで見てる
17,SUCK OF LIFE
18,バラ色の日々
19,悲しきASIAN BOY

en1,Romantist Taste
en2,BURN
en3,BRILLIANT WORLD
en4,WELCOME TO MY DOGHOUSE
en5,JAM

一曲目は活休前最後の曲、プライマル。。
まさにあの曲から時間が再び動き出した。
聞くところによると、吉井さんの最後の衣装も金色だったそうで、昨日も上着は金色でしたので。
本当にそこにいるんだと思うと不思議ででも嬉しくて号泣。
心地よさとテンション振り切ってるのと酔いしれているのとでごちゃごちゃ。
途中全部彼方へ行ってて聴くだけに集中してた。
球根アウトロからで、だいぶ早く気づいたけど。
学生時分にこの曲の本当の良さは分かってなくて、笑ってたけどすんげぇいい曲だよな。
25歳くらいの時に気付いた。
空の青と〜も美しくてでもどこか遠いところから聴こえてくるような不思議な距離感。
たぶん、こっちが舞い上がってるから。

ALRIGHTがびっくりするくらい新曲っぽくなくて耳馴染みもそうだけど、素晴らしく自然体。
それ以上でもそれ以下でもないんだなぁと思った。
本当に今の4人だからこうなったっていう曲なんだろうなぁ。

見てないようで見てるもSUCK〜もね!
自分でも衝撃的なんだけど忘れてたの!!
あああああああ!!あったわああああああ!!!!って。

そしてここからまたTYMが続いていくということを知らされて、号泣しながらのバラ色の日々でさらに号泣。


アンコール、思ったより早く出てきてくれて。
BURNも重い音と吉井さんの声とがもう思い描いてたものそのもでありそれ以上のもので。
ずっと浅野温子と仲村トオルがチラチラしちゃってw
色々蘇ってきた。
そしてBRILLIANT WORLDは本当、当時の後悔を思い出した。
それより前って割と好きで聴いてるって感じだったんだけど。
いや、聞いてた。
流れてただけに近かった。
計算された歌詞の構成とそれを嫌味に感じない曲の美しさでハマったの。
ちゃんと聴くようになった。
しかしそのあとのプライマル。で活休、ゆくゆく解散ってなった。
だから、本当この瞬間に後悔が蘇り、そして復活したんだなぁって昇華された。
何より本当生で聴いても美しさとキラキラ感が止まらない曲だった。

そしてJAMは絶対最後だとは思ったけど。
生の本物のJAMは恐ろしいくらいのトリハダ。
音圧はそこそこだったのに、存在感の圧が半端なかった。
見せつけられてるけど、全然一方的なものじゃなくてずっと見たかった聴きたかったもので。
でもこれでもかって見せつけられた。
幸せな3時間でした。
吉井さんの声帯と声帯とが触れる音も聴こえるんじゃないかってハスキーさ。
高い音よりも少しローなところのほうがズーンと響いてきて。
エマのギターとヒーセのベースとアニーのドラムとみんなの笑顔と。
混ざるようで混ざらない、ちょうどいいところでボワァっと浮遊してく感じ。

とにかくみんな、メンバーもファンもこれでもの日を待ってたんだなぁってすごくよく分かるキラキラした1日でした。
本当に本当に復活してくれてありがとうとございます!
またこのバンドが色々変化したり、大きくなったり笑顔になったり。
このバンドの時間を共有できるんだと思ったら、今真っ暗な部屋で泣けるくらい嬉しい←
電気つけろよ。

愛知とさいたまも楽しみにしてる!
今日の公演もそろそろ始まるんだろうか。
今日はALRIGHTから始まったらいいなぁなんて行かないのに考えてるw

0 Comments

Leave a comment